リフォーム

介護対応のリフォーム

内装を介護用に変更。床をフラットにし、手すりをつけて介護対応に

image

手すり


ご年配の方が上がりやすく、安全に配慮されている階段にリフォームします。また、よく移動するルートには手すりをつけることで負担を軽減することができます。

image

バリアフリー


段差をできるだけ少なくすることで、転倒防止にもなりますし、負担を軽減することができます。また、車椅子での移動を見越して部屋の出入り口の幅を広くするリフォームすることも対応しております。

image

負担の少ない動線


ご年配の方にとっては部屋の配置が一番大切といっても過言ではないでしょう。生活に必要な設備(トイレ、風呂など)が寝室と別の階の場合、負担がかなり大きいです。そのため、ご年配の方の寝室と同一階に生活に必要な設備がある配置にリフォームします。

リフォームの工程

※工程はあくまで目安ですので、詳細は直接ご説明させていただきます。

【1】 お問い合わせ


お客様からお電話やメールをいただき、ご相談、お問いあわせにご対応いたします。

【2】 現地下見調査を行います


お客様のご自宅へ赴き、介護対応がどの様な状態か、またリフォームしたい内容がどの様なものなのかを調査いたします。

【3】 介護対応内容のご確認


お客様へのヒアリングや打ち合わせを重ね、対応する介護内容でのリフォームのデザイン、機能、材質、スタイルをご選択いただきます。

【4】 お見積もり作成


適正価格でお見積りいたします。

【5】 ご契約後工事着工


お見積りのご確認後、ご契約。早速工事に取り掛かります。

【6】 試運転、最終検査


稼働する箇所全ての動作を確認するため試運転を行い、全体の施工内容を確認いたします。

【7】 お引き渡し


最終検査を十分行った後、お客様にご確認いただき、お引渡しとなります。※お引渡し後のご対応も十分いたします。

お問い合わせ

電話で問い合わせ

メールで問い合わせ

>